新規購入についてのご案内 [2022年 7月時点]

2022年 10月末までにご購入いただく、Titan FTP の新規ライセンスに関しては、Titan FTP 2019 と Titan FTP NextGen の両方でご利用いただけます。

購入時点では Titan FTP 2019 をご使用いただき、後日 Titan FTP NextGen にバージョンアップすることも可能です。
なお、保守期間内であれば バージョンアップに追加費用は発生しません。

2022年は Titan FTP 2019 を使用して、2023年に NextGen にバージョンアップするといった運用も可能です。

メディアキットをご購入の場合のみ、インストーラーを Titan FTP NextGen と Titan FTP 2019 のどちらにするかか、選択いただく必要があります。

また、Titan FTP NextGen をお試しいただき、問題が発生した場合は Titan FTP 2019 に簡単に戻すことができます。
ロールバック手順については、NextGen からバージョン 2019 へのロールバック にてご案内しています。

  • 両バージョンでの利用には 1年間保守サポート&アップグレードの購入が必要です。
  • Titan FTP 2019 の開発は終了しましたので、今後アップデートは提供されません。(修正を含む)

メディアキットとは

Titan FTP Server メディアキットは、光学メディア形式 (DVD/CD) のインストーラーとなります。
通常、ご購入後にインストーラーのダウンロード URL とシリアル番号 (ライセンス) を Eメールにてご案内いたしますが、メディアキットの場合、インストーラーが保存された DVD (または CD) を、ご指定の納品先に発送いたします。(物納)

  • ご購入時期によっては、
  • メディアキットには、ライセンスが含まれておりません。
  • メディアキット単体でご注文された場合、ライセンスなしのインストーラーのみの販売となります。

Web Interface モジュールセットの保守更新について

Web Interface モジュールは、Titan FTP 2019 の次期バージョン Titan FTP NextGen より、エンタープライズエディションに標準搭載されます。

これに伴い下記製品の販売を終了いたします。

  • エンタープライズ + Web Interface モジュールセット(TI-EDW-1L)
  • エンタープライズ + Web Interface モジュールセット 1年間保守サポート&アップグレード(TI-EDW-1S)

同ライセンスの保守更新は、エンタープライズ 1年間保守サポート&アップグレード(TI-ENT-1S)をご購入ください。

バージョン 2019 のご利用中は、シリアル番号を更新せずにご利用ください。
新しいシリアル番号は、Titan FTP NextGen のご利用時にご登録ください。

Apache Tomcat の脆弱性 (CVE-2022-25762) について

Titan FTP 2019 以降では、Apache Tomcat における WebSocket 接続の実装に関する問題 (CVE-2022-25762) による影響はございません。

  • 同サーバー内で利用されている場合を除きます。
  • 最新バージョン/ビルドをご利用いただくことが、最善のセキュリティ対策です。