保守更新後の操作について

本ページでは、Titan FTP Server の保守サポートを更新後、必要となる操作についてご案内します。

【操作手順】

  1. Eメールまたはライセンスカードで「シリアル番号」を受け取ります。
  2. Titan FTP Server の管理者画面にログインします。
  3. ライセンス詳細ボタン をクリックします。
  4. 製品ライセンス情報の画面で、[非アクティブ] をクリックします。
    ディアクティベーション
  5. 「Titan FTP Server シリアル番号」のボックス内に、Titan FTP Server 更新シリアル番号の値を入力して [アクティベーション] をクリックします。
    Web Interface のライセンスをお持ちの場合、「Web Interface モジュール 登録コード」のボックス内に、Web Interface モジュール登録コード(更新)の値 を入力して、[アクティベーション] をクリックします。
    ライセンスアクティベーション
  6. [完了] ボタンをクリックします。
  • Titan FTP Server は、管理者権限を持ったアカウント(Administrator)で、管理者として実行してください。
  • Titan FTP Server 更新シリアル番号 および Web Interface モジュール登録コード(更新) は、Eメール または ライセンスカード内に記載されています。
  • Eメールでシリアル番号を受け取った場合、クリップボードにコピーいただくことで、ボックス内に貼り付けが可能です。
  • Titan FTP Server 更新シリアル番号は、古いバージョンではご利用いただけません。現行メジャーバージョンに更新してご利用ください。
  • Titan FTP Server 更新シリアル番号 および Web Interface モジュール登録コード は、お客様資産となります。お客様自身で、大切に保管をお願いします。
  • 次回の保守更新時に、Titan FTP Server 更新シリアル番号 (および Web Interface モジュール登録コード) と Titan FTP Server サポート ID が必要となります。
  • 非アクティブ実行時とアクティベーション実行時に、サービスが再起動されます。
カテゴリーFAQ