ファイル名の文字化けについて

サーバー内のファイル名が文字化けする場合、Titan FTP Server とクライアントソフトの、UTF-8 エンコードと SFTPバージョンの設定をご確認ください。
本ページでは、Titan FTP Server で UTF-8 エンコードを有効にする方法と、SFTPバージョン の変更手順をご案内します。

※操作の前に、Titan FTP Server を最新の状態に更新してください。

UFT-8 エンコードの有効化手順

【操作手順】

  1. Titan FTP Server 管理者画面を開いて、目的のサーバーツリーをクリックします。
    サーバーツリー
  2. [サーバーの詳細設定]タブをクリックして、「UTF-8 エンコードサポートを有効にする」にチェックを入れます。
    UTF-8エンコード
  3. [適用] をクリックします。

SFTPバージョンの変更手順

【操作手順】

  1. Titan FTP Server 管理者画面を開いて、SFTPサーバーのツリーを開き、[サービス] をクリックします。
    サービス
  2. [SFTP/SSH]タブをクリックして、SFTPバージョンのプルダウンリストから、バージョン4 を選択します。
    SFTPバージョン
  3. [適用] をクリックします。
  • Windows OS に登録されていない文字は認識できないため、文字化けします。
  • 機種依存文字などはシステムレベルで認識できません。
  • 本設定はアップロード済みのファイルには適用されず、文字化けしているファイルは改善されません。
  • 文字化けしているファイルの操作を行うと、クライアントでエラーが発生します。
  • SFTPバージョンは、Titan FTP Server とクライアントソフトで同じバージョンをご利用ください。
  • 日本語を含むファイル名をご利用の場合、SFTPバージョン4 以降が必要。
カテゴリーFAQ