前日のログファイルを自動で移動させる方法

本ページでは、Titan FTP Server エンタープライズエディションのイベントハンドラを利用して、1日前のログファイルを自動で別のディレクトリに移動する方法をご案内します。

【操作手順】

  1. Titan FTP Server の管理者画面を開きます。
  2. 画面左のツリーで、対象のサーバー名を右クリックして [サーバー停止] をクリックします。または、ツールバーの下図赤枠のボタンをクリックします。
    サーバー停止
  3. 目的のサーバーのツリーを展開し、「ファイル/ディレクトリ」をクリックします。
    ファイル/ディレクトリツリー
  4. [ディレクトリ] タブに移動し、「バックアップディレクトリ」のボックスに、移動先フォルダのフルパスを入力して [適用] をクリックします。
    ディレクトリ設定
  5. 「ログ設定」のツリーをクリックして [ログ設定] タブに移動し、「ファイルへログ出力する」にチェックを入れて [適用] をクリックします。
    ログ設定
  6. 「イベント」のツリーをクリックして [イベントハンドラ] タブに移動し、[追加] をクリックします。
    イベントハンドラ
  7. イベントハンドラウィザードの画面右の「スケジュールイベント」ツリーを展開し、「スケジュール基本イベント」にチェックを入れて [次へ] をクリックします。
    スケジュール基本イベント
  8. 条件設定画面で「スケジュール設定した時間が経過」にチェックを入れます。
    スケジュール時刻
  9. 「初回発生日時」「頻度」「繰り返す間隔」を設定して [OK] をクリックします。
    条件:時間設定
  10. [次へ] をクリックします。
  11. 「新しい場所に移動する」にチェックを入れます。
    新しい場所に移動する
  12. 詳細プロパティ画面で、Value の項目を設定して [OK] をクリックします。
    移動イベントの詳細設定
    上図の設定内容は以下の通りです。

    • ソースパス&ファイル名:ログフォルダ内の、昨日の日付(YYYYMMDD)で始まる名前のログファイルを指定しています。
    • 宛先パスとファイル名:バックアップディレクトリ内の「Logs」フォルダを宛先に指定し、オリジナルのファイル名を使用しています。
    • 上書き(存在する場合):同名のファイルが存在する場合、ファイルを上書きします。
    • 操作が完了するのを待つ:操作が完了するまで他のイベント処理を待機します。
    • 待機タイムアウト:操作が完了するまで 30秒間待機します。
    • タイムアウトの場合は中止:タイムアウト時に処理を中止しません。(false 選択時)
    • パスの作成:宛先パスにディレクトリが存在しない場合は作成します。
  13. [次へ] をクリックします。
  14. イベントハンドラの名前を入力し、「イベントハンドラを有効にする」にチェックが入っていることを確認します。
    イベントハンドラの名前
  15. [完了] をクリックします。
  16. 画面左のツリーでサーバー名を右クリックして [サーバー開始] をクリックします。
    または、ツールバーの下図赤枠のボタンをクリックします。
    サーバー開始
  17. メニューバーの [ファイル] [Titan FTP Server サービス停止] をクリックします。
    サービスの停止
  18. メニューバーの [ファイル][Titan FTP Server サービス開始] をクリックしてサービスを再開します。
  19. イベントを実行した日の前日の日付(YYYYMMDD)で始まる名前のログファイルが、バックアップディレクトリ内にある Logs フォルダに移動します。
  • 本機能は、バージョン2019 ビルド 3531 以降で実装されています。
  • イベントハンドラは、エンタープライズエディションのみでご利用いただけます。
  • ファイルのタイムスタンプではなく、ファイル名を参照しています。
カテゴリーFAQ