ディスククオータ機能

Titan FTP Server では、ディスククオータ機能を使用することで、サーバーのディスク(ストレージ)領域に、サーバーレベル/グループレベル/ユーザーレベル の3段階で、ディスク使用量の上限値を設定できます。
(サーバーレベル または ユーザーレベルでの運用を推奨。)

本ページでは、ディスククオータの設定方法についてご案内します。

ディスククオータの設定方法

サーバーレベルでのディスククオータの設定

【操作手順】

  1. Titan FTP Server 管理者画面を開きます。
  2. [サーバー名] ツリー内の、[ファイル/ディレクトリ] をクリックします。
  3. [ディスククオータ] タブに移動し、[ディスククオータを有効化] にチェックを入れます。
    ディスククオーター サーバーレベル
  4. 「最大ディスク使用量」に、任意の数値を入力して [適用] をクリックします。
  5. サービスを再起動するために、メニューバーの [ファイル] [Titan FTP Server サービス停止] をクリックします。
    サービスの停止
  6. [ファイル] [Titan FTP Server サービス開始] をクリックしてサービスを再開します。
  • サーバーレベルとは、Titan FTP Server で作成した各プロトコルのサーバーのこと。
  • [再計算] をクリックすると、データディレクトリの現在のディスク使用量を表示。
  • [参照] をクリックすると、エクスプローラを起動して、データディレクトリを表示。
  • グループレベルとユーザーレベルの設定が優先されます。

グループレベルでのディスククオータの設定

【設定手順】

  1. Titan FTP Server 管理者画面を開きます。
  2. [サーバー名][グループ] ツリー内の、[グループ名] をクリックします。
    (本手順では、グループ名 Administrator に設定。)
  3. [ユーザー] タブをクリックして、グループの「メンバー」に、目的のユーザーが含まれていることを確認します。
    グループユーザー
  4. [グループ名] ツリー内の、[ファイル/ディレクトリ] をクリックして [ディスククオータ] タブに移動します。
    ディスククオータ/グループレベル
  5. [設定を継承する] のチェックを外して、[ディスククオータを有効化] にチェックを入れます。
  6. 「最大ディスク使用量」に、任意の数値を入力して [適用] をクリックします。
  7. サービスを再起動するために、メニューバーの [ファイル] [Titan FTP Server サービス停止] をクリックします。
    サービスの停止
  8. [ファイル] [Titan FTP Server サービス開始] をクリックしてサービスを再開します。
  • [再計算] をクリックすると、グループディレクトリの現在のディスク使用量を表示。
  • [参照] をクリックすると、エクスプローラを起動して、グループディレクトリを表示。
  • [設定を継承する] が有効になっている場合、一つ上のレベルの設定が優先されます。
  • ユーザーレベルの設定が最優先されます。
  • Everyone グループは、全ユーザーが対象となります。

ユーザーレベルでのディスククオータの設定

【設定手順】

  1. Titan FTP Server 管理者画面を開きます。
  2. [サーバー名][ユーザー][ユーザー名] のツリーを展開します。
  3. [ファイル/ディレクトリ] をクリックして、[ディスククオータ] タブに移動します。
    ディスククオータ ユーザーレベル
  4. [設定を継承する] のチェックを外して、[ディスククオータを有効化] にチェックを入れます。
  5. 「最大ディスク使用量」に、任意の数値を入力して [適用] をクリックします。
  6. サービスを再起動するために、メニューバーの [ファイル] [Titan FTP Server サービス停止] をクリックします。
    サービスの停止
  7. [ファイル] [Titan FTP Server サービス開始] をクリックしてサービスを再開します。
  • [再計算] をクリックすると、ホームディレクトリの現在のディスク使用量を表示。
  • [参照] をクリックすると、エクスプローラを起動して、ホームディレクトリを表示。
  • [設定を継承する] が有効になっている場合、一つ上のレベルの設定が優先されます。

クオータ処理に対応した SFTPクライアントをご利用の場合、アップロード実行前の段階で警告画面を表示できます。
(下図は、クオータ処理有効時のクライアントソフト WebDrive)
WebDrive-Quota

クオータ処理に対応していないクライアントの場合、Titan FTP Server では、0KBのファイルとして処理されます。