古くなったログファイルを自動で削除する方法

本ページでは、Titan SFTP Server で生成されたログファイルの内、古くなったログファイルを自動で削除する方法をご案内します。

なお、本内容では「イベントハンドラ」という機能を使用します。

【事前準備】

Windows 上で古くなったファイルを削除するバッチファイルを作成しておきます。

(例:3日以上前のログファイルを削除)

forfiles /p "C:\Srtlogs\SFTP" /s /m *.log /d -3 /c "cmd /c del @file"

  • 上記記述は一例となります。
  • バッチファイルの記述は本サポートの対象外となります。

【手順動画】

  • 字幕を ON にしてご覧ください。

【操作手順】

  1. 管理ポータル左メニューより、対象サーバーツリーを開いて [イベント] をクリック
    メニューツリー
  2. 画面右上の 追加ボタン をクリック
  3. 新規イベントハンドラ画面で「イベント」を選択した状態で [イベントの追加] をクリック
    新規イベントの追加
  4. イベントの追加画面で「スケジュールイベント」を開いて「スケジュール基本イベント」を選択して [OK] をクリック
    スケジュールの基本イベント
  5. 「スケジュール基本イベント」をクリックして、表示された 「条件」 を選択した状態で [条件の追加]ボタンをクリック
    イベント条件
  6. 「有効化」にチェックが入っている状態 スケジュールボタン をクリックしてイベントの開始日時を登録し、イベントの頻度を指定して [OK] をクリック
    スケジュールの登録
  7. 「アクション」を選択した状態で [アクションの追加] ボタンをクリック
    新規アクションの追加
  8. すべてのアクションから「ジョブを実行する処理を生成する」をクリック
    「有効化」にチェックが入っている状態で [参照] ボタン (またはファイルパスの直接入力) でバッチファイルを指定して [OK] をクリック
    ジョブを実行する処理を生成する
  9. 「新規イベントハンドラ」画面で [次へ] をクリック
  10. イベントの名前と説明を入力して [次へ] をクリック
    イベントハンドラの名前
  11. [作成] をクリック
    ジョブの実行イベントの作成
  12. イベントハンドラのウィンドウに、登録したイベント名が表示されていれば完了
  • パーソナル および プロフェッショナルエディションではご利用いただけません。
  • 2.xx 系列では、30日より前のログはシステムイベントによって削除されます。
    ログの削除を回避するには、ログフォルダとは異なる場所に新規フォルダを作成して、30日を超える前にログファイルを移動または複製してください。