HTTPS サーバーを構築する

Titan SFTP Server で Windows に HTTPS サーバーを構築すると、Webブラウザでサーバー内のフォルダやファイルにアクセスできます。

本機能は Titan SFTP Server には標準搭載されています。
(パーソナル および プロフェッショナルエディションは非対応)

本ページでは、Titan SFTP で HTTPS サーバーを構築して、Webブラウザでアクセスする方法をご案内します。

実際の操作画面の動画も掲載していますので、併せてご参照ください。

HTTPS サーバーの構築動画

【前提情報】

ここでは、以下の要件で HTTPSサーバーを作成します。

  • ライセンス:Titan SFTP Server (NextGen のエンタープライズ以上)
  • 運用環境:スタンドアローン
  • データベース:SQLite

ご購入前の段階であれば、まずは「試用版をダウンロード」して、「Titan SFTP のインストール方法」の手順に沿って、Titan SFTP Server をインストールしてください。

20日間はユーザー登録の必要なく無料でご利用いただけます。

Titan SFTP の操作

【操作手順】

  1. 管理ポータルにログイン後、Default Server の右にある アクションボタン をクリックし、停止 ボタンでサーバーを停止。
    不要な場合は 削除ボタン ボタンでサーバーを削除
  2. 新規作成 をクリックし、作成するサーバータイプで「スタンドアローン~」を選択
    作成するサーバータイプ
  3. Select Database で SQLite Database を選択
    SelectDatabase
  4. サーバー名を入力して、「自動でサーバーを開始する」にチェックが入っていることを確認後 [次へ] をクリック
    (データの保存先を変更したい場合は保存先を変更)
    HTTPSサーバーの新規作成
  5. 「WebUI/HTTP」 にチェックを入れて [次へ] をクリック
    WebUIサービスの選択
  6. 「HTTPブラウザインターフェースを有効にする」 にチェックを入れ、プルダウンから使用するIPアドレスを選択して [次へ] をクリック
    ※HTTPS だけを有効にする場合は、チェックを外す
    (ポート番号は必要に応じて変更)

    HTTPアクセス

  7. 「HTTPS/SSLブラウザインターフェースを有効にする」 にチェックを入れ、プルダウンから使用するIPアドレスを選択して [次へ] をクリック
    ※「クライアントからの信頼できる証明書を要求する」は必要な場合のみ有効化
    (ポート番号は必要に応じて変更)
    HTTPSアクセス
  8. 次の画面は、SMTPサーバー(フリーサービスを除く)を保有し、Eメール通知を利用する場合のみ設定し、不要ならば [完了] をクリック
  9. 証明書を新規作成する場合、「CSR を作成して TLS 証明書を更新する方法」の手順に沿って証明書を作成・登録

続いて、ユーザーを作成します。

【操作手順】

  1. 左メニューの 「ユーザー」 をクリックして画面右の 追加ボタン をクリック
  2. ユーザー名やパスワードなどの必須情報を入力して [次へ] をクリック
    ユーザー作成
  3. 今回はグループ設定は行わないので [次へ] をクリック
  4. 「アカウント有効化」にチェックが入っていることを確認して [完了] をクリック
  • グループ設定は後から追加できます。必要に応じてご利用ください。
  • 動画では Default Server を削除しています。
  • 動画では証明書の作成手順を省略しています。

サーバー側の操作は以上で完了です。
続いて、クライアント側のブラウザの操作手順をご案内します。

ブラウザの操作

【操作手順】

  1. Webブラウザを起動して、アドレスバーに接続先のアドレス (ドメイン) を入力
    ポート番号を変更している場合は、アドレス:ポート番号を入力
    例) https://titanftp:8443
  2. ログイン画面で、ユーザー名とパスワードを入力