推奨するクライアントソフト

Windows用 SFTPサーバーの Titan FTP Server に最適な SFTPクライアントは WebDrive NextGen です。

もちろん、FileZilla のような他の SFTPクライアントソフトでもご利用いただけますが、WebDrive NextGen は Titan FTP Server と同じ開発元で作成されており、最も相性の良いファイル転送ソフトです。

Titan FTP Server の動作検証には、WebDrive NextGen が使用されています。
他のクライアントソフトと比べてトラブルが非常に少なく、万が一トラブルが発生した場合でも、同じ開発元であるため、問い合わせ窓口を統一でき、管理者の負担を軽減します。

WebDrive NextGen は一般的なフリーソフトと違い、サーバーの保存領域にドライブレターを割り当てることで、PC のネットワークドライブとしてマウントします。
ドライブに割り当てた保存領域は、Windows のドライブとして認識されるため、エクスプローラー上では、ローカルドライブのファイルを操作するような感覚でファイルの転送や編集が可能です。
複雑な操作やコマンド知識を必要とせず、ドラッグ&ドロップなどの Windows の基本操作で、サーバー間のフォルダやファイルが編集出来ることが最大の魅力です。
DOS コマンドによるファイル転送やリネームなども、ドライブに対して実行することが可能です。

WebDrive NextGen の試用版は、以下のリンク先からダウンロードいただけます。
SFTPクライアントの WebDrive NextGen 試用版ダウンロード

  • Putty では接続いただけません。
    Secure Shell (SSH) ではなく Secure File Transfer Protocol (SFTP) を使用するため。
カテゴリーFAQ