CSR を作成して TLS 証明書を更新する方法

Titan SFTP Nextgen の証明書を更新するにはどうすればよいですか
新しい証明書を作成後、認証局に署名をリクエストしてください。

Titan および MFT の 2.xx 系列では CSR プロセスの一部処理が廃止される予定です。(UI は順次修正予定)
また、証明書に関するサポートは、保守サポートの範囲外となります。
別売の有償サービス『Professional Service』のご契約が必要です。

Titan FTP Nextgen 1.xx には CSR を作成する機能が搭載されています。
以下の手順で CSR を作成して CA (認証局) より署名済みの証明書を受け取ってください。

【操作手順】

  1. 管理ポータルの左メニューから対象サーバーの [サービス] をクリック後、[FTPS/SSL] または [HTTP/HTTPS] タブに移動
    HTTPS タブの証明書の管理
  2. [証明書の管理] をクリック
  3. TLS管理のウィンドウで [新規] をクリックTLS管理
  4. 証明書の基本情報を入力し [次へ] をクリック
    新規証明書の作成
  5. 証明書に名前を付け、「信用された CA の署名用に CSR を生成する」を選択して [完了] をクリック
    証明書の設定
  6. TLS管理で作成した CSRをエクスポートして認証局 (CA) に提出
    CSR Export
  7. CA より署名済みの証明書を取得したら、[証明書の管理] からTLS管理のウィンドウを開き、作成した CSR の [更新] をクリック
  8. 証明書の更新ウィンドウで、[参照] をクリックして、CA から提供されたファイルを指定し、[更新] をクリック
    証明書の更新
  9. サービスの [FTPS/SSL] または [HTTP/S] タブを開いて TLSサーバー証明書で更新した証明書を選択し [適用] をクリック
  • Titan FTP Server NextGen では、CSR 作成時に現在の証明書と同じコモンネームを利用可能です。
  • TLS 証明書はサーバーごとに 1つしか利用できません。
    複数のサーバーでの共有や、1つのサーバーに複数の証明書を使用できません。
  • 有効期限前の古い証明書は、削除する前にバックアップ (エクスポート) を推奨