SFTPサーバーの MAC アルゴリズム

Titan SFTP Server でサポートしている MAC アルゴリズムを教えてください。
chacha20-poly1305 や aes256-gcm などの主なアルゴリズムをサポートしています。詳細は以下をご参照ください。

Titan SFTP Server

  • chacha20-poly1305@openssh.com
  • aes256-gcm
  • aes128-gcm
  • hmac-sha256-96@ssh.com
  • hmac-sha256@ssh.com
  • hmac-sha2-512-etm@openssh.com
  • hmac-sha2-512
  • hmac-sha2-256-etm@openssh.com
  • hmac-sha2-256
  • hmac-ripemd160@openssh.com
  • hmac-ripemd160
  • hmac-ripemd
  • umac-128@openssh.com
  • umac-96@openssh.com
  • umac-64@openssh.com
  • umac-32@openssh.com
  • none
  • 順不同
  • 上記は 2.0.20.2347 時点の内容です。
  • 使用していないアルゴリズムの無効化を推奨
  • セキュリティリスクが高い SHA1 と chacha20-poly1305@openssh.com は無効化を推奨
  • クライアント側がサポートしている MAC アルゴリズムを有効にしてください。

以下は、主要クライアントがサポートしている主な MAC アルゴリズムです。
※安全性の高いものだけを掲載 [2024年1月時点]

HMAC-SHA2-512-etm@openssh.com

HMAC WebDrive NextGen WinSCP FileZilla
hmac-sha2-512-etm@openssh.com
hmac-sha2-256-etm@openssh.com
aes256-gcm
aes128-gcm
hmac-sha2-512
hmac-sha2-256