Titan FTP NextGen を完全に削除する方法

本ページでは、Titan FTP Server NextGen を完全に削除する方法について、Titan FTP Server 2019 をインストールしている場合と、インストールしていない場合、2通りの方法についてご案内します。

Titan FTP Server 2019 をインストールしている場合

【操作手順】

  1. コントロールパネルを開き、「プログラムのアンインストール」または「プログラムと機能」から Titan FTP Server NextGen をアンインストールします。
  2. Windows を再起動します。
  3. 以下の 2つのフォルダを削除します。
    C:\Program Files\South River Technologies\srxserver
    C:\ProgramData\South River Technologies\SrxServer
    C:\SrtData (受信ファイル保存場所/Titan FTP 2019 のフォルダと共有されている場合は削除しないでください。)
    C:\SrtLogs (ログファイル保存場所/Titan FTP 2019 のフォルダと共有されている場合は削除しないでください。)
  4. SQL Server を利用していた場合、チェックインして 「LASDB」 と 「SRX{GUID}」 を削除します。
  • 上記の削除対象フォルダは、全て初期値の場合のフォルダパスです。
  • 旧バージョンなどで利用していたフォルダを再利用されていた場合、削除するフォルダにはご注意ください。
  • {GUID}には数字が入力されています。

Titan FTP Server 2019 をインストールしていない場合

【操作手順】

  1. コントロールパネルを開き、「プログラムのアンインストール」または「プログラムと機能」から Titan FTP Server NextGen をアンインストールします。
  2. Windows を再起動します。
  3. 以下のフォルダを全て削除します。
    C:\Program Files\South River Technologies
    C:\ProgramData\South River Technologies
    C:\SrtData (受信ファイル保存場所)
    C:\SrtLogs (ログファイル保存場所)
  4. SQL Server を利用していた場合、チェックインして 「LASDB」 と 「SRX{GUID}」 を削除します。
  • 上記の削除対象フォルダは、全て初期値の場合のフォルダパスです。
  • {GUID}には数字が入力されています。