Titan SFTP (NexGen) へのアップグレード手順

ご利用環境によって、アップグレードによる影響の有無・範囲が異なります。事前に不具合情報Titan SFTP (NexGen) に移行されない設定についてTitan SFTP (NexGen) へのアップグレード前の注意点をご確認ください。

Titan FTP 2019 #3675 へのロールバックは簡単に実行できます。
アップグレード後、運用できないレベルの問題が発生した場合、「NextGen からバージョン 2019 へのロールバック」に記載の手順に沿って操作を進めてください。

Titan FTP 2019 から Titan SFTP (NexGen) にアップグレード(バージョンアップ)するには、以下の手順に沿って操作を進めてください。

【必須条件】

  • Titan FTP バージョン 2019 #3675 以降がインストールされていること。
    2019 #3675 より前のプログラムでは、アップグレードを正しく完了できません。
  • アクティベートされているライセンスが、保守有効期間内であること。
    保守有効期間が経過したライセンスでは、Titan SFTP (NexGen) をご利用いただけません。

NextGen へのバージョンアップ

【操作手順】

  1. 管理者権限を持つ Windows アカウントでログインして、Titan SFTP のインストーラーをダブルクリックで実行
  2. 操作画面の言語を選択して [OK] をクリック
    言語選択
  3. セットアップウィザードの起動後、[次へ] をクリック
    Titan SFTP (NexGen) セットアップウィザード
  4. 使用許諾契約(EULA)の内容を確認して [同意する] を選択後、[次へ] をクリック
    EULA@NextGen
  5. インストールディレクトリを指定して [次へ] をクリック(初期値を推奨)
    インストールディレクトリの指定
  6. 「Microsoft SQL Server Express をインストールしますか?」という確認画面では 「いいえ」を選択 (SQLite を使用)
    (構築済みの SQL Server を使用する場合も「いいえ」を選択。同梱されているインストーラーで SQL Server を構築される場合のみ「はい」を選択)
    SQLサーバーのインストール確認

    • SQL Server の管理・運用に関しては、一部を除き Titan のサポート対象から外れます。
      詳しい知識や経験を持った管理者が居ない場合は、「いいえ」を選択してご利用ください。
  7. インストール準備の完了画面で [次へ] をクリック
    インストール準備の完了
  8. [終了] をクリックしてセットアップウィザードを終了
    セットアップ完了
  9. タスクマネージャーの「サービス」タブを開いて、SRTSERVERDAEMON (Titan FTP Server Daemon)「停止」し、SrtSrxServerService(Titan SFTP Server)「開始」に変更
  10. Titan SFTP のショートカットをダブルクリック
    Titan SFTP のショートカット
  11. 「ようこそ」ウィンドウが起動するので [OK、次に進みます] をクリック
    ようこそ画面
  12. マスター管理者認証情報の作成画面で、管理者名とパスワードを登録して、[初期管理者ユーザーの作成] をクリック
    管理者アカウントの作成

  13. 「新規サーバー作成」ウィンドウが表示されている場合、ウィンドウを閉じます。
  14. Titan SFTP (NexGen) 2.x の場合、管理ポータルを開いたまま「Titan SFTP (NexGen) 2.x で構成をインポート」の手順を実施
    NextGen 1.x の場合、プロフィールボタン をクリックして [サインアウト] をクリックした後ブラウザを閉じてから、「NextGen 1.x で構成をインポート」の手順を実施

Titan SFTP (NexGen) に構成をインポート

※Titan SFTP (NexGen) 2.x 系列と 1.x 系列で手順が異なります。

Titan SFTP (NexGen) 2.x で構成をインポート

【操作手順】

  1. 管理ポータルの「サーバー」の項目にある「Default Server」の アクションボタン をクリック後、表示される 削除ボタン をクリックして。サーバーインスタンスを削除します。
    サーバーインスタンスのインポート
  2. [IMPORT] をクリック
  3. 「Import Server」ウィンドウで「Import Legacy Server Instance」を選び、プルダウンリストからインポートしたいサーバーを選択して [次へ] をクリック
    レガシーインスタンスのインポート
  4. 「Select Database Type」で「SQLite Database」を選択して [次へ] をクリック
    データベースタイプの選択
  5. サーバー名を変更が不要ならばそのまま、変更したい場合は名称の変更後に [完了] をクリック
    サーバー名の編集
  6. アクションボタンをクリックして開いたメニューから 開始ボタンをクリック
  7. サーバーコンピューターを再起動
  8. タスクマネージャーの「サービス」タブを確認して、SRTSERVERDAEMON (Titan FTP Server Daemon) を右クリックして「停止」を選択
  9. SrtSrxServerService(Titan SFTP Server)を右クリックして「停止」を選択。「停止」状態を確認後、右クリックで「開始」を選択し「実行中」の状態になることを確認
  10. タスクマネージャーと閉じて、「初期設定とアクティベーション」の手順を実施
  • ユーザーがグループに所属している場合、プライマリグループの再登録が必要

NextGen 1.x で構成をインポート

※1.8.1143 より NxCfg.exe が nxcli.exe という名称に変更されました。
※1.7.1118 以前をご利用の場合は、nxcli を NxCfg に読み替えて操作を進めてください。

【操作手順】

  1. コマンドプロンプトを [管理者として実行] で開く
  2. コマンドプロンプトで Titan のインストールディレクトリに移動

    cd C:\Program Files\South River Technologies\SrxServer

  3. 下記コマンドを実行して、古い設定に問題がないことを移行前にチェック

    nxcli.exe /LegacyUpgradeCheck

    レガシーサーバーのチェック

  4. アップグレードチェックの結果が「成功」であれば、以下のコマンドを実行

    nxcli.exe /LegacyUpgradeCheck /LegacyImport

    レガシー構成のインポート

  5. サーバーコンピューターを再起動
  6. タスクマネージャーの「サービス」タブを確認して、SrtSrxServerService(Titan FTP Server NextGen)の状態が「開始」となっていることを確認
    「停止」となっている場合、右クリックで「開始」を選択

初期設定とアクティベーション

【操作手順】

  1. Titan SFTP (NexGen) の管理ポータルにログイン
  2. 左メニューの ホームボタン をクリックして、[製品情報] ボタン をクリック
    製品情報
  3. ライセンスの 追加ボタン をクリック
  4. シリアル番号を入力して、[追加] をクリック
    シリアル番号の入力画面
  5. ライセンス情報が更新され、アクティベーションが完了したことを確認
    アクティベーションの完了