Oracle Java の脆弱性 (CVE-2022-21449) について

Oracle 社から Java SE に関する脆弱性 (CVE-2022-21449) が公表されました。

Titan FTP 2019 以降では Oracle Java を使用していないため、本脆弱性による影響はございません。

そのため、本脆弱性に関して、Titan FTP 側での操作は不要です。

  • 本記事の内容は、Titan FTP 2019 以降が対象となります。
  • お使いのサーバー内に、対象の Oracle 製品がインストールされている場合を除きます。