サーバーの故障に備えた対策について

本ページでは、Titan FTP Server 2019 をインストールしているサ-バー (または PC) の故障に備えた対策についてご案内します。

移行手順は、新しいサーバーへの移行手順 をご参照ください。

ライセンスについて

新しいサーバーにライセンスを移行するために、現在のサーバーでアクティベーションの解除が必要となります。
故障により OS にログインできず、アクティベーションを解除できない場合、本サイトの「お問い合わせ」から、シリアル番号を添えてアクティベーション解除をご依頼いただければ、弊社及び開発元にて解除処理を代行いたします。

ただし、営業時間外や時差の都合により、すぐに対応できない場合があります。
対策として、予備環境の構築予備環境のライセンスの追加購入を推奨します。

設定情報について

Titan FTP Server 2019 の設定情報は、すべて Windows レジストリ上に保存されています。
そのため、Windows OS にログインできることが前提となり、OS にログインできない状況では設定情報を出力できません。

メディアや予備環境への定期的なバックアップによる事前の対策を強く推奨します。

保存データ (ファイル/フォルダ) について

Titan FTP Server 2019 には、データファイルを移行する機能はありません。
Titan FTP Server 2019 で管理されているデータは、すべて Windows OS 上のフォルダまたはファイルとして保存されています。
新しいサーバーへの移行は、管理者が OS にログインして、自ら移行する必要があります。

メディアや予備環境への定期的なバックアップによる事前の対策を強く推奨します。

その他の注意点

本番環境と予備環境のバージョンに差異が生じ、移行先が古いバージョン (ビルド) となる場合、予期せぬトラブルをまねく可能性があります。
Titan FTP Server を定期的に更新して、最新の状態を維持することを推奨します。

最新状態の予備環境に本番環境の設定を移行させることで、最新版での動作検証にも利用できるため、多くの企業でこの運用方法が導入されています。
本番環境と予備環境を定期的に入れ換えることで、リスク分散にも繋がります。

  • アクティベーションの解除依頼には保守有効期間内のシリアル番号が必須です。
  • 保守失効済みのライセンスに対しては、いかなる対応も提供いたしません。