ユーザーによるパスワードの変更許可

Titan FTP Server では、サーバーに登録されているユーザーパスワードを、ユーザー自身がクライアントソフトから変更できます。
本ページでは、Titan FTP Server でユーザーによるパスワードの変更を許可する方法と、クライアントソフトによるパスワードの変更手順をご案内します。

Titan FTP Server の設定

【操作手順】

  1. 管理コンソールで、対象サーバーの [コネクション] ツリーをクリックします。
  2. [接続の詳細設定] タブを開いて、[パスワード変更を許可する (SITE PSWD)] にチェックを入れます。
    パスワード変更を許可する
  3. [適用] をクリックして画面を閉じます。
  • 本機能は、SFTP ではご利用いただけません。
  • 本機能を利用するには、site pswd コマンドの送信に対応した FTP/FTPクライアントソフトが必要です。

Titan FTP Server の設定は以上です。
本設定を適用後、クライアントソフトからコマンド site pswd を送ることで、ユーザーが自分のパスワードを変更できます。
以下は、主要クライアントソフトでの操作例です。

WebDrive NextGen (FTP/FTPS)

【操作手順】

Windows 標準の FTP クライアント

【操作手順】

  1. コマンドプロンプトから、対象のユーザーで FTP サーバーにログインします。
  2. 以下のコマンドを入力します。

    literal site pswd {パスワード} {新しいパスワード}

FileZilla (FTP/FTPS)

【操作手順】

  1. FileZilla を使い、対象のユーザーで FTP/FTPS サーバーにログインします。
  2. メニューバーの [サーバー][カスタムコマンドの入力] をクリックします。
    FileZillaカスタムコマンド
  3. コマンドの入力ボックスに、以下のコマンドを入力して [OK] をクリックします。

    site pswd {パスワード} {新しいパスワード}

    SITEPSWD@FZ

  4. メッセージログに “200 Command OK” が表示されたことを確認します。
  • 本操作で変更されるのは、Titan FTP Server に登録されているユーザーパスワードです。
  • クライアントソフトに保存しているパスワードは、別途変更してください。

Win SCP (FTP/FTPS)

【操作手順】

  1. WinSCP を使い、対象のユーザーで FTP/FTPS サーバーにログインします。
  2. WinSCP コンソールボタン をクリックします。
    または、メニューバーの [コマンド][コンソールを開く] をクリックします。
  3. コマンドの入力ボックスに、以下のコマンドを入力して [実行] をクリックします。

    site pswd {パスワード} {新しいパスワード}

  4. “200 Command OK” が表示されたことを確認して [閉じる] をクリックします。
    コマンドの実行 (WinSCP)
  • 本操作で変更されるのは、Titan FTP Server に登録されているユーザーパスワードです。
  • クライアントソフトに保存しているパスワードは、別途変更してください。

HTTPS/HTTP (Web Interface)

【操作手順】

  1. Web Interface にアクセスして「パスワードをお忘れですか?」をクリックします。
    WebInterface
  2. 対象のユーザー名を入力して [送信] をクリックします。
    WebUI ユーザーパスワードリセット
  3. Titan FTP Server 内で設定されている、「ユーザーの一般設定」で登録された Emailアドレス に、パスワードリセット用の URL が届くので、URL をクリックします。
  4. 開いたサイト (下図) で、ユーザー名と新しいパスワードを入力して、[パスワードリセット] をクリックします。
    WebUI パスワードリセット
  • 本操作で変更されるのは、Titan FTP Server に登録されているユーザーパスワードです。
  • ブラウザ保存しているパスワードは、別途変更してください。
  • Web Interface のパスワードリセットを使うには、Titan FTP への SMTPサーバーの登録が必要です。