dir コマンドと ls コマンドの動作について

Titan FTP Server では、クライアントから受け取った FTPコマンド dir を LIST コマンドとして、ls を NLST コマンドとして処理します。
また、Titan FTP Server は、クライアントから ls コマンド (NLST) を受け取った場合、初期状態ではファイル名のみを返します。
ディレクトリ名を含めたい場合、以下の設定を適用します。

【操作手順】

  1. 管理コンソールを開きます。
  2. 目的のサーバーのツリーから [サービス] を選択します。
  3. [FTP] タブを開いて「NLST でファイル名とディレクトリ/フォルダ名を返す」にチェックを入れます。
    NLSTオプション
  4. [適用] をクリックします。
  • 本設定は FTPサーバーにのみ有効です。
  • Titan FTP Server では FTP コマンド “LS” (大文字) は LIST として処理します。
    小文字と大文字で処理が異なる点にご注意ください。
カテゴリーFAQ