TLS1.0 と TLS 1.1 を無効化する方法

本ページでは、Titan FTP Server で作成した FTPSサーバー と Web Interface(HTTPS)の脆弱性対策として、TLS 1.0/1.1 を無効化する手順をご案内します。

【操作手順】

  1. 管理者画面で、作成したサーバー名のツリーを展開して [サービス] をクリックします。
  2. [FTP/SSL] タブに移動します。
  3. 画面右の「セキュリティプロトコル」(下図赤枠部)で、TLS v1.2 のみにチェックを入れて、その他のチェックを外します。
    ssl/tls設定
  4. 「弱い暗号化プロトコルを無効にする」 にチェックを入れます。
  5. 画面最下部の [適用] をクリックします。
  6. サーバーの再起動を要求されますので、[はい] をクリックします。
  • 上記の手順3までの設定は、HTTPS(WebInterface)にも適用されます。
  • 手順4を実施すると、古いクライアントなどで接続できない場合があります。
    クライアントを最新の状態に更新してご確認ください。
  • 本設定によって、OSやサービスの再起動は不要です。設定したサーバーのみが再起動されます。
  • 本ページに記載された内容は、Titan FTP 内の範囲に限定され、OS レベルでは TLS 1.0/1.1 は無効化されておりません。