NASなどの外部ストレージとの連携

Titan FTP Server では、保存領域に NAS などの外部ストレージを簡単に追加できます。
この方法を使用することで、社内 LAN 上のストレージに、Web Interface や WebDrive などを使用して、外部から安全に接続できます。
各社員の共有フォルダを登録することも可能です。

例えば、SFTPサーバーに NAS や共有フォルダなどを仮想フォルダとして登録することで、ホストキーを持たない第三者からの接続をブロックできます。
これにより、固定IPを取得していない自宅でもファイル転送を安全に実行でき、情報漏洩の不安を大きく軽減できます。
在宅勤務時などに、社内の重要なファイルを確認したい場合などに便利です。

さらに、自宅のPCに、WebDrive をインストールすることで、NASと同じような感覚での操作も実現できます。
以下では、NAS 内のディレクトリを、グループ(または ユーザー)のサブディレクトリとして追加する方法をご案内します。

【操作手順】

  1. Titan FTP Server の管理者画面を開き、画面左のツリーから、対象サーバーのツリーを展開します。
  2. 「グループ」のツリーを展開して、NAS と連携させたいグループを選択します。
    group
  3. グループツリー下の「ファイル/ディレクトリ」を選択し、[仮想フォルダ] タブに移動して [追加] をクリックします。
    Virtual folder
  4. 仮想フォルダとして登録する、NAS のフルパスを入力して [次へ] をクリックします。
    Virtual folder Full path
  5. ファイル/フォルダのアクセス権限を選択して [次へ] をクリックします。
    Access Rights for Virtual Folder
  6. 設定値に間違いがないことを確認後、「仮想パスの下で表示されるフォルダ名」に任意の名前を入力して、[完了] をクリックします。
    この名前はクライアント接続時にフォルダ名として使用されます。
    Virtual folder name
  7. 仮想パスと実パスが追加されたことを確認し、[適用] をクリックします。
    Virtual folder and real paths

クライアントから Titan FTP Server に接続すると、仮想フォルダが手順6で入力したフォルダ名で表示されます。
WebDrive で Titan FTP Server に接続すると、下図のように表示されます。
(ユーザーのホームディレクトリはグループディレクトリに設定)
Groop-WebDrive

  • サービスやサーバーの再起動は不要です。
  • UNC共有をマッピングする場合、サーバーが実行されているアカウントが UNC にアクセスできることを確認してください。
  • UNC アカウントの設定は、ツリー上の [サーバー名] をクリックして、[UNC アカウント] タブで設定いただけます。
  • 本設定では、グループディレクトリをユーザーホームディレクトリのデフォルト値に設定しています。
    ユーザーレベルでご利用の場合などは、設定手順を読み替えてください。
カテゴリーFAQ