初めてのサーバー運用について

Titan SFTP Server では、FTP, FTPS, SFTP, HTTP/S といった、4種類のプロトコルでサーバーを運用することができます。
初めてサーバーを作成される場合、安全性の高い SFTPサーバーのご利用を、強く推奨いたします。

SFTPサーバーの運用に適した、推奨する製品の組み合わせを以下にご案内します。

  • Titan SFTP Server (TI-SFTP-1Y)
    SFTPサーバーを構築、管理するための標準的なサーバーソフトウェアのライセンスです。
    1年間の保守サポートと無償アップグレードがセットとなっています。
  • WebDrive(SFTP・WebDAVクライアントソフト)
    SFTPサーバーに接続して、ファイル転送を行うためのソフトウェアです。
    サーバーに接続して、ファイルをアップロード/ダウンロードさせたいPCにインストールします。
    Titan SFTP Server と同じ開発元で作成されているため、仕様や相性などに関する配慮が不要です。
    問い合わせ窓口を一本化できるため、運用面の負担やリスクを最小限に抑えることができます。
  • HTTP/S 接続は WebDAV ではなくブラウザアクセスとなります。
  • SFTP および HTTP/S は追加費用なくご利用いただけます。
    (2023年 8月以前に購入された NextGen のライセンスでは、エンタープライズライセンスのみが対象)

まずは、試用版にて動作をお試しください。

また、以下のリンク先にて詳しい操作手順をご案内しております。