Windows の管理者権限について

Titan FTP Server は構成情報を Windows レジストリに保管するため、Windows レジストリの「読み取り」と「書き込み」の権限を持った、管理者権限を持つ Windows アカウントが必要となります。

ただし、管理者として常時ログインしている必要はなく、設定完了後はサービスとして稼働しているため、管理者がサインアウントした状態でもサーバーとして稼働します。

具体的には、クライアントソフトからのファイル転送には、管理者としてのログインを必要としないため、運用中に管理者としてログインする必要はほとんどありません。
ログについては、Dドライブなどの別のドライブに出力させることで、一般ユーザーアカウントでも確認が可能です。

管理者としてログインする必要がある作業の例

  • インストール (アップデートを含む)
  • アンインストール
  • 設定作業 (バックアップ/復元を含む)
  • 移行作業

32bit 版 開発終了のご案内

32bit 版のアプリケーションは、Titan FTP Server 2019 を以って開発が終了いたします。
Titan FTP Server 2019 の次期バージョンは 64bit OS のみに対応いたします。
32bit OS では、Titan FTP Server の次期バージョンをご利用いただけません。

※次期バージョンは 2021年上半期にリリースされる予定です。