購入関連メニュー

製品詳細メニュー

Titan FTP Server 不具合情報

Titan FTP Server の最新版で判明している不具合について公開いたします。

  • Windows 10 で、トレイアプリケーションが自動起動されない。
    » OS側のパーミッションに起因しており、Titan FTP Server 側では対応できない。
    » srxTray.exe を管理者として手動で実行してください。
  • Microsoft Edge または Internet Explorer 使用時に、サイズが大きなファイルのアップロードに失敗する場合がある。
    » 推奨ブラウザ:Chrome または FireFox をご利用ください。
  • イベントハンドラの [今すぐ実行する] が正常動作しない。
    » 次期メジャーバージョンで修正予定
  • WebInterface で、日本語を含むファイル名のファイルをダウンロードすると、ファイル名がアンダースコアーでダウンロードされる。
    » Titan FTP Server 2019 Build 3507 で修正
  • WebInterface の画面で、「DRAG AND DROP TO UPLOAD AND DOWNLOAD」の表記があるが、ドラッグ&ドロップによるダウンロードには対応していない。
    » 表記を削除(※ドラッグ&ドロップによるアップロードは、Chrome のみ対応)
  • WebInterface で、ブラウザでのアクセス時に、日時が正しく表示されない場合がある。
    » Titan FTP Server 2019 build 3515 以降で修正
  • Titan FTP Server のタイムゾーンで GMT+09:00 を使用時、FTPでのファイルアップロード後、ファイルの更新日時が GMT-09:00 となる。
    » Titan FTP Server 2019 build 3515 以降で修正
  • フラッドプロテクション機能の、Dos/ハンマー攻撃の設定が正しく機能していない。
    » Titan FTP Server 2019 build 3515 以降で修正
  • Windows 10 1903 で、WebInterface にログインできない。
    » Titan FTP Server 2019 build 3535 で改善