SFTPサーバーの Titan FTP

Titan FTP NextGen の不具合修正情報

Titan FTP NextGen の最新版で判明している不具合について公開いたします。

Titan FTP 2019 の不具合情報については、旧バージョンの不具合をご参照ください。

調査/修正対応中

調査中

  • トップドメインレベルの証明書管理機能で、インポートした証明書の保存に失敗したり、インポートした証明書が UI に初期表示されないことがある。
    → サービスの停止/開始 で解決。
  • FIPSコンプライアンスモードや、マルチファクタ認証など Titan FTP がサポートしていない、Cornerstone MFT の機能が表示されている。
    → FIPSコンプライアンスモードなどは 1.6.1094 で削除されたが、マルチファクタ認証が残っている。
  • MDTMコマンドでファイル更新日時が取得できない。
    → 調査・修正中
  • SIZE コマンドで正しいファイルサイズを取得できない。
    → 調査・修正中
  • PPKフォーマットのホストキーをエクスポートできない。
  • 単一の PEM ファイルへのエクスポート時に秘密鍵が含まれていない。
    → 改善されるまでは複数ファイルにエクスポートをご利用ください。
  • スケジュールされたイベントが正しく起動せず、時刻が深夜にリセットされる場合がある。
  • LDAPコネクタを使用すると、キャッシュのパフォーマンスが原因でユーザーのリストが表示されない場合がある。
  • クラスタファーム環境での設定変更が、すべてのノードに迅速に反映されない場合がある。
  • ネイティブコネクタと比べると、ADSI や LDAP のコネクタはユーザー認証速度が遅い。
  • Titan FTP 2019 からのアップグレード時に、ベースデータディレクトリとベースログディレクトリのパスが引き継がれない。
  • Titan FTP 2019 からアップグレードした場合のみ、管理ポータルの一部レイアウトが崩れる。
  • Titan FTP 2019 からアップグレード後、SFTP サービスの IP アドレスが、元の値ではなく 0.0.0.0 (すべての IPv4 アドレス) でセットされる。
    → 手動での変更することで解決するが、今後修正予定。
  • Titan FTP 2019 からアップグレード後、ホームディレクトリが正しいパスで引き継がれていない。
  • Titan FTP 2019 からアップグレード後、SFTPサーバーへの認証が成功しない場合がある。
  • ユーザーレベルのサービス設定で、HTTP と HTTP/S にチェックを入れても画面上に反映されない。(実際には適用されている。)
  • 外部で生成した ECDSA タイプの公開鍵を使用した認証が失敗する。

修正済み

  • オプション文字列が付加されている場合、LISTコマンドでファイル一覧が取得できない。
    → 1.6.1094 で修正
  • SIZE コマンドでファイルサイズ取得ができない。
    → 1.6.1094 で修正
  • カスタムホーム ディレクトリが選択されている場合、管理 UI に正しいフォルダが表示されません。
    → 1.6.1094 で修正
  • Titan FTP 2019 からのアップグレード時に、アイドル接続タイムアウトの時間が「分」に変換されていない。
    → 1.5.1085 で修正
  • OPTS コマンドが、FTP サーバーのログイン後でなければ受け付けない。
    → 1.5.1085 で修正
  • PASV コマンドのレスポンスで [ IPアドレス=127.0.0.1 ] が返るため、クライアントがサーバーに接続できない。
    → 1.5.1085 で修正
  • 修正済みの内容で、13ヶ月以上前の情報は掲載していません。